広島国際大学 心理学部 心理学科

MENU
  1. トップ>
  2. 教員紹介>
  3. 甲田 純生(こうだ すみお)

教員紹介

甲田 純生(こうだ すみお)

researchmap

准教授
甲田 純生(こうだ すみお)

専門分野
西洋近世・現代哲学
主な担当予定科目
哲学、倫理学、ドイツ語

人間存在の内奥へと迫る。

「人間とは何か」-これが哲学の根本的な問いです。奥が深い哲学の世界を、ほんの少しでも垣間見てみませんか?きっと世界が、今までとは少し違って見えてきますよ。

主要業績

【著書(単著)】

・『1日で学び直す哲学』光文社新書、2013年

・『美と崇高の彼方へ』(晃洋書房、1999年)〔博士論文〕

・『スリリングな哲学』(晃洋書房、2003年)

・『「星の王子さま」を哲学する』(ミネルヴァ書房、2006年)

・『ホモ・サピエンスの牢獄 人類の進化を哲学する』(ミネルヴァ書房、2009年)

・『生きることの哲学』(晃洋書房、2011年)

・『哲学的思考の論理』(ミネルヴァ書房、2012年)

・『多崎つくるはいかにして決断したのか』(晃洋書房、2014年)

【その他】

・2006年以降、地方新聞に掲載される書評記事を年4~5本執筆。

・山陰ギターコンクール3位入賞(2位なし)、日本ギターコンクール奨励賞受賞

趣味、特技、好きなこと

クラシック・ギタリスト、剛柔流空手三段、乗馬4級ライセンスと大型バイク免許を所持。
それ以外の趣味:書道(かな、写経)、絵を描くこと(水彩、鉛筆画)、クラシック音楽鑑賞、自然観察。
特技:ヌンチャク。
大好きなもの:ノアちゃん〈我が家の愛犬〉

高校生へ 教員からのメッセージ

大阪出身。専門は西洋哲学。研究の中心はドイツ観念論だが、古代ギリシアの哲学から現代のドイツ・フランス思想まで、広く研究している。また、精神分析学やマルクス経済学にも詳しい。外国語の文献を読まなければならない仕事のため、ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語、ラテン語が読める(程度は色々。順番は得意な順)。イタリア、特に古代ローマ史をこよなく愛する。「本の虫になりたい」というマルクスの言葉を座右の銘とし、昼食時やトイレの中、布団の中ですら本を読む。

研究室紹介ポスター

研究室紹介
一覧に戻る