広島国際大学 心理学部 心理学科

MENU
  1. トップ>
  2. 教員紹介>
  3. 石原 茂和(いしはら しげかず)

教員紹介

石原 茂和(いしはら しげかず)

researchmap

教授
石原 茂和(いしはら しげかず)

専門分野
高齢者対策、人間工学、 福祉・リハビリ機器開発、商品開発、感性工学、人間工学、ジェロンテクノロジー、ポジティブサイコロジー、応用心理学全般
研究テーマ

1)感性工学と人間工学による商品開発
心理学測定法が基盤となっている,広島で1970年代に生まれた学問分野である
感性工学と,人間工学を用いた商品とサービスの開発

2)高齢者にテクノロジーを使ってもらってなるべく自立した生活が送れるようにする
ジェロンテクノロジーの研究(国際ジェロンテクノロジー学会日本支部長を務めております)

3)AIとバイオメカニクスを基礎としたリハビリテーション支援

主な担当予定科目
感情心理学

心理学を応用して高齢化社会を乗り切る。

修士課程まで実験心理学、認知心理学を専攻していました。工学部の博士課程から、一貫して心理学の測定方法、多変量解析、AIベースの分析手法の開発と実践をおこなっております。

一覧に戻る