広島国際大学 心理学部 心理学科

MENU
  1. トップ>
  2. NEWS>
  3. FM東広島「広国PARK」(2018年12月13日放送分)の内容をレポート!!~「生活お役立ち講座~認知症の方への接し方、かかわり方~(認知症サポーター養成講座)」を紹介~

NEWSaaaaa

2018.12.18

FM東広島「広国PARK」(2018年12月13日放送分)の内容をレポート!!~「生活お役立ち講座~認知症の方への接し方、かかわり方~(認知症サポーター養成講座)」を紹介~

FM東広島(89.7MHz)で、広島国際大学が送るラジオ番組「広国PARK」。

 

心理学部の学生が取材を通して番組を制作し、

毎週木曜日19時から24分間お送りする生放送の番組です。

 

学生がラジオ番組の制作に関わることで、

地域への情報発信によるコミュニケーション能力の向上を目指すとともに、

自分たちが学ぶ地域への関心を持つ機会の提供、

そして、東広島市に根ざした大学として地域への貢献を目指しています。

 

1213日(木)は、学生5人で放送しました。

放送トピックは、

12月5日に黒瀬生涯学習センターで開催された

「生活お役立ち講座~認知症の方への接し方、かかわり方~(認知症サポーター養成講座)」についてです。

ph181218_01 ph181218_02

 

このイベントは、認知症について学ぶ一般の方向けの講座です。出前講座を行っており、認知症に対して身近に感じてもらうことが目的で、接し方やかかわり方について学びます。

今回取材を行った、3年生の杉原光哉さんは、「大学の授業で認知症について、学んでいたため、今回のイベントもより理解することができた。」と、おっしゃっていました。

具体的な内容として、認知症の方と関わる上での心得について教えていただきました。

関わり方の心得には、大事な3つの「ない」があります。

それは、驚かせ「ない」・急がせ「ない」・自尊心を傷つけ「ない」です。

また、自分がされて嫌なことは認知症の方にもしてはいけないともおっしゃっていました。

 

「生活お役立ち講座~認知症の方への接し方、かかわり方~」の取材では、

このイベントに参加した遠山すすむさんにインタビューしました。

遠山さんは、認知症の方への見守り方が印象に残ったそうで、

「関わるだけでなく、見守り方も大切にしていきたい。」とおっしゃっていました。

 

今回の放送は、3年生の引退回であったので、メンバー全員の感想を掲載させていただきます。

今回のイベントの参加者であり、メインパーソナリティーを務めた杉原光哉さんは、

「今回の放送で実質引退となりましたが、最後まで楽しく放送をお届けできたと思います。久しぶりのメインでの出演でしたが、頼れるアシスタントの3人と、後輩ディレクターが居たおかげですごく楽しく出来ました。ありがとうございました。」

 

アシスタントの岡野駆さんは、

「久々に出演して、馴染みのあったメンバー、頼れるディレクター、FM東広島の方々のおかげで楽しく放送ができました。一年程前に実質引退と思っていた自分に、3年最後の放送に出ないかと声をかけてくれたメンバーには感謝しかありません。自分はこれで引退ですが、これからも広国PARKが東広島市の皆様に届くこと願っています!ありがとうございました!」

 

同じくアシスタントの金城夏鈴さんは、

「今年最後の放送で、とても面白いメンバーと一緒に楽しい放送をすることができてよかったです。今回共演した、岡野・杉原・飛垣内の3人は、広国PARKの中でも実力のある学生です。この3人が引退というのは、すごく寂しい事ですが、後輩たちには、この3人を超えられるように、これからも頑張ってほしいです。」

 

同じくアシスタントの飛垣内陽気さんは、

「放送が終わるにつれて、広国PARKの活動は、たくさんの出会いを与えてくれる場所だったなと感じました。ここでは紹介しきれないくらいたくさんの方と出会えたことは、今後の人生に生きてくるものだと信じています。

この先も、広国PARKが市民の方に愛されながら続いて行くことを願っています。ありがとうございました。」

と感想を述べてくれました。

 

今回は7か月ぶりにディレクターを担当しました。今年度は今回の放送までに毎月1回広国PARKに出演してきたので、前回ディレクターを担当したときよりも経験を積んだ状態で、余裕をもって取り組むことができたと思います。

また、放送に出演された3年生は、これまでの経験から臨機応変な対応ができており、尊敬する点がたくさんあるなと思いました。私も来年3年生として広国PARKの活動を引っ張っていくために、先輩方から学んだことを活かして、成長していかなければならないなと身に沁みました。

 

次回1220日の放送では、

「先輩・後輩から見た3年生について」を取り上げる予定です。

ぜひお聞きください!

 

ph181218_03

心理学科2年生 廣田成美

一覧に戻る