• 保育学専攻保育学専攻
  • 医療福祉学専攻医療福祉学専攻
  • 介護福祉学専攻介護福祉学専攻

保育学専攻

学びの特徴学びの特徴

1 子どもが成長・発達するための環境を整える保育ソーシャルワーカーへ。1 子どもが成長・発達するための環境を整える保育ソーシャルワーカーへ。

子どもたちの健やかな成長・発達、「生きる力」を育むために、人と環境の両方を視野に入れた支援について学びます。ソーシャルワークの視点に立ち、子どもたちが人とかかわりながら楽しく生活していけるように、家庭、地域の養育力向上をうながすことができる保育士を養成します。

2 保育士と社会福祉士のダブルライセンスも取得可能。2 保育士と社会福祉士のダブルライセンスも取得可能。

福祉に強い保育士へのニーズに応えるため、保育士資格に加えて社会福祉士国家試験受験資格も取得できるカリキュラムを組んでいます。ソーシャルワークの視点とスキルを身につけた保育士の活躍の場は幅広く、保育所以外のさまざまな施設で多くの保育士が活躍しています。

3 保育現場で役立つ他専門職との連携を学びます。3 保育現場で役立つ他専門職との連携を学びます。

社会が複雑・多様化する中で、児童虐待、非行、子どもの発達障害など、子どもと家庭をめぐる問題が複雑・多様化しています。子どもが育つ環境を整えるために、保育の現場で求められる、子どもの視点に立った福祉・保健・医療・教育との専門職連携のあり方について学びます。

4 多様な少人数制の授業で、保育士に必要な人を活かす力を身につけます。4 多様な少人数制の授業で、保育士に必要な人を活かす力を身につけます。

保育の現場は、チームワークで成り立っています。4年間の少人数教育体制の中で、グループワークをはじめとする多様な授業形態を通して、チームワークに必要なコミュニケーション能力、見通しを持ったマネジメント能力、人とともに何かを成し遂げる力を身につけます。

カリキュラム表 主な授業紹介

医療福祉学専攻

学びの特徴学びの特徴

1 利用者と協働して問題解決に取り組むソーシャルワーカーへ。1 利用者と協働して問題解決に取り組むソーシャルワーカーへ。

子どもから高齢者まで、福祉問題に直面している人をパートナーとして、「ともに問題解決に取り組む」姿勢と力を身につけます。利用者の参加や自己決定を支え、福祉サービスを効果的に活用し、さまざまな専門職と連携できる社会福祉士、精神保健福祉士を養成します。

2 社会福祉士・精神保健福祉士の資格を取得し、福祉施設や保健・医療機関などで活躍できます。2 社会福祉士・精神保健福祉士の資格を取得し、福祉施設や保健・医療機関などで活躍できます。

社会福祉士国家試験と精神保健福祉士国家試験の受験資格を取得できます。高齢者、児童、障害者、地域福祉、医療などの領域におけるソーシャルワークをベースとした多様なカリキュラムが設定され、幅広い学びが可能です。興味のある分野にあわせて科目を選ぶことにより、将来への道筋を作ることができます。

3 実践的な学びから、相談援助の視点や知識・技術を修得します。3 実践的な学びから、相談援助の視点や知識・技術を修得します。

各学年の学びに応じて福祉実践現場に出かけたり、現場で働く福祉専門職の話を聞く機会を設け、福祉の視点や職場の現状、業務の重要性を実感します。同時にソーシャルワークの基本を学んだうえで、各分野の応用的な知識・技術を修得し、相談援助のプロをめざします。

4 地域密着型の学びを通して確かな実践力を身につけます。4 地域密着型の学びを通して確かな実践力を身につけます。

地域社会を「学びの場」として、福祉・保健・医療・教育などさまざまなサービスの実際を学ぶとともに、自治会や子ども会、老人クラブ、地区社会福祉協議会など住民組織との協働活動に取り組む機会を設けています。生活者の立場に立ちながら、専門職としての力量を高めていきます。

カリキュラム表 主な授業紹介

介護福祉学専攻

学びの特徴学びの特徴

1 さまざまな専門職との連携を学び総合的なケアのできる人材を育てます。1 さまざまな専門職との連携を学び総合的なケアのできる人材を育てます。

利用者ができるだけ住み慣れた地域で生活できるよう、医療と福祉が連携したケアが求められています。さまざまな医療・福祉の専門分野がそろう本学では、社会福祉士、看護師、理学療法士、作業療法士、管理栄養士、薬剤師など専門職との連携を在学中から学ぶことができます。

2 介護福祉士と社会福祉士のダブルライセンスも取得可能。2 介護福祉士と社会福祉士のダブルライセンスも取得可能。

利用者の生活に直接携わるケアワークを基本としつつ、様々な社会資源・制度の活用を通して支援するソーシャルワークも実践できるよう、介護福祉士国家試験の受験資格に加えて社会福祉士国家試験の受験資格も得られるカリキュラムを組んでいます。ダブルライセンスを手にして卒業した本学科生は、福祉現場で働く多くの専門職を統括するリーダーとして活躍しています。

3 段階的な実習体験を通して実践力を磨きます。3 段階的な実習体験を通して実践力を磨きます。

利用者への生活支援には、一人ひとりの要望や生活状況に合わせた、的確な判断力が必要です。1人の教員が平均4~5名の学生をきめ細かくサポートすることによって、介護に必要な観察力や判断力を養うことができます。
介護の知識や技術をしっかり身につけるために、4年間を通して体験活動や福祉現場から職員を招いて話を聞く機会を設けています。さらに、学年ごとの段階に応じた実習プログラムにより、幅広い対応力やコミュニケーション能力を身につけます。

4 介護の質を高めるためにマネジメント能力を養います。4 介護の質を高めるためにマネジメント能力を養います。

利用者にとってよりよい介護のためには、介護福祉士の管理・運営能力が重要です。利用者やご家族の満足度の向上、職場環境の改善、危機管理などのサービスや経営面の知識も身につけ、利用者やご家族にかかわる多様なケースを想定しながら、マネジメントできる能力を養います。

カリキュラム表 主な授業紹介