新着一覧

新着一覧

 

広島国際大学の考えるソーシャルワークとは。

「支援を必要としている人が、安心して幸せに生活できるように、

社会生活で生じる困難を人と環境との調整をはかりながら、その人とともに解決すること」です。

福祉の専門職が、支援を必要とする人と生活上の困難をともに解決する。
ソーシャルワークに必要な力

ソーシャルワークに必要な力

  1. 1 受け止める

    支援を必要とする人の抱える問題を明らかにします。相手の状況と真意を汲み取り、受け止める高い分析・コミュニケーション能力が必要です。

  2. 2 ともに考える

    支援を必要としている人とその家族をはじめとする周囲の人々、さまざまな専門職が社会生活で生じる困難への対処の方法をともに考えます。

  3. 3 ともに解決する

    困難への対処のために、その人の力を引き出し、多様な人やサービスにつなげ、困難な状況を変え、その人らしい生活を支える仕組みをつくります。

  • 保育学専攻で学ぶソーシャルワークとは?
    保育学専攻で学ぶソーシャルワークとは?

    一人ひとりの子どもの個性を理解し、子ども同士の関係や周囲の環境を調整することにより、子どもが伸び伸びと成長できるように支援します。家庭環境にも目を配り、保護者の持つ子育ての悩みを受け止めながら、子どものより良い成長を保護者と一緒に模索します。

  • 医療福祉学部専攻で学ぶソーシャルワークとは?
    医療福祉学部専攻で学ぶソーシャルワークとは?

    さまざまな生活上の問題点を抱える地域の方に対して、対話を通して問題点を明らかにし、ふさわしい福祉サービスへとつなぎ、ともに問題を解決します。また、地域や福祉サービスに働きかけ、新しい人と人のかかわりや環境を作ることによって、より良い暮らしや社会を実現します。

  • 介護福祉学専攻で学ぶソーシャルワークとは?
    介護福祉学専攻で学ぶソーシャルワークとは?

    高齢者などの介護を必要とする方と、そのご家族の生活上の負担を軽減するために、どのような障害や課題があるのか、どのような生活を送りたいのかを理解します。また、ご本人の力を活かしながら、ふさわしい介護を提供し、生活を豊かにする手助けをします。施設内のスタッフとの連携も重要です。

学部長メッセージはこちら学部長メッセージはこちら